Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>






qrcode





Himemamaの初代綺麗ママがNYから子育て日記を発信します!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2014.09.18 Thursday | - | - |

子供の進学について
05:17
海外に住んでいて悩むことの一つ。

それは子供の教育について。

娘は2歳半の時にアメリカに引っ越してきました。

日本で事前に調査したときは、「赴任期間が2.3年かつ子供の年齢が低いときは日本人学校がいい」

とどのセミナーでも言われていたので、

恐らく赴任期間が2、3年であろうと迷わず日本人学校に娘を入れました。

実際日本語もままならない2歳の子供の時には、まずは母国語をしっかり覚えさせ、

自分の考えを言葉で表現できるようにさせ、

論理的に物事を考えさせたり、話すことに結びつく利点がある。

また、両親と母国語で生活する中で

精神的にも、心理的にも安定した生活の中で子供がのびのびと生活することができる。

など利点を考えて、娘の性格も見て夫と判断しました。(娘は恐がりでいつも私の側から離れず、泣いてばかりでした)


けれど日本人で、娘と同じ年代の子で、現地校に通っている子は2年も経つと英語が見違えるように上達し、

現地の子達と何も臆することなく一緒に遊んでいる子をよく見ます。

もちろん、日頃家の中では日本語で話していることもあり、

日本語だってきちんと話せていますし、

平日は現地校、土曜日は日本語の補習校、そして習い事と

とにかくご両親もしっかり教育されているので、

いつ日本に帰国となっても、周りの子たちについて行ける状態にしています。

何と言ってもご両親のご苦労&努力があってこそ、そこまでなっているのだと思います。

娘も最初から現地校に入れていたら、今ごろ英語ができていたのだろうか・・・・?

(丸3年住んでいますが、娘はほとんど英語が話せません)

今アメリカに住んでいるという良い環境の中にいるのに、

私の努力がなかったばかりに、子供にとって英語を身に付くチャンスを与えていないのだろうか・・?

なんて悩みもあります。

けれど、今通っている学校は環境も先生方も素晴らしく、

娘は3年前とは見違えるほど、元気に明るく、のびのびと、様々なお友達と仲良く遊べるようになり、

何でもチャレンジする積極的な子になりました。

これは成長過程なのかもしれませんが、今の環境は娘にとって決して悪いものではないと思っています。

とは言っても、やはり親のエゴとしては英語が多少はわかるようになって欲しいという思いもありまして・・・・。

そのため夏休みにはサマーキャンプで現地の子と一緒に過ごさせたり、という機会は作ってきました。


そして去年の9月から、娘はアメリカでいうと小学校に入る前のキンダーガーデン(義務教育)に当たる年になりました。

住んでいるアパートから歩いて5分のところに現地校があります。

それもその学校はかなり評価が高く(10個の☆評価中10です)、

ESLもかなり良い、英語の出来ない子への補助もしっかりしているようです。

公立ですからね、授業料だって無料になるのも大きな魅力です。

ちなみに今通っている日本人学校は、日本の私立大学の授業料の1、5倍〜2倍の授業料がかかります。

今までのプリキンダー(幼稚園)の年齢だと、どの幼稚園に入れてもそれくらい、

いえ、それ以上の金額がどこもかかりますから、この費用は仕方のないことでした。

キンダーガーデンになると義務教育で無料で見て頂けるなんて!(寄付金はありますけどね)

それも、今しか通えないアメリカの学校で、様々な人達の中で、英語だけの生活というチャレンジができる。

とにかく明るく元気、なんでも前向きになっている今の娘を見ると、

現地校は次のステップに上がるにはいいチャンスかもしれない。

そして現地校に通わせている一人のお母さんからは

「ただで英会話を習わせられるなんて、いいいじゃない!と思えば良いのよ。それに現地校は楽しいわよ。日本の学校は先生の言

ったことにみな習えという感じだけど、現地校は自由だからね。でもそのかわり自分の頭で考えて行動しなきゃいけないけど」

と言われ、(うーん。確かに。。自分の頭で考えて行動するか。身につけて欲しいことかも。)

と、去年の夏まではほぼ現地校に入れようと思っていました。

現地校に入れるべく、私も現地校に通わせているお母さん達から一長一短のお話を聞き、

入る予定の近所の学校へも4月からの編入が可能かをメールで問い合わせ、

2席空いているので4月からでもOKだと、先方とも連絡が取れ、

では3月の卒園式が終わってから、現地のキンダーガーデンに行こうか

という気持ちが高ぶっていました。

ちなみに9月からキンダーでしたが、入園式からずっといる今の幼稚園で卒業という経験をさせてあげたかったので、

4月からの編入で考えました。



ほぼ現地校に行かせようと思っていましたが、

9月に今通っている日本人学校の小学部のオープンハウスで授業の様子を見に行ってみると、

あまりに授業がしっかりしていることに驚きました。

1年生から6年生までの英語での発表会があり、まだ1年生の2学期だというのに、みんなの前に立って、英語でスピーチしているんです!!

小学生になると毎日1時間英語の授業があり、また金曜日は丸一日英語の日となります。

英語の時間を多く取るため、普通科目の時間数が足りなくなる分、宿題もかなりしっかり出されるらしいです。

それでも朝9時から始まり、3時30分まで授業がありますから、

1年生でも毎日5、6時間の勉強量です。

そして現地校にはない四季折々の日本文化に合わせてのイベント(運動会や学園祭など)と、

アメリカならでのイベントも楽しみ(ハロウィン、クリスマスなど)、学校生活を満喫でき、

廊下に張り出されている児童たちの字の上手さ、礼儀正しさをみても、

丁寧な教育を受けていることが感じられます。

何よりも、みんな生き生きとしています!

今の学校の素晴らしさは通っている娘の成長を見て、十分わかっていましたから、

それからはとてもとても悩みましたね。

子供の気持ちを聞くと、やはり今の日本人学校がいい!と言っていましたが、

途中は私が現地校に入れたくなったので、娘を現地校に連れて校庭で遊ばせたり、

楽しい所だと若干思わせるようにしむけていたので、

途中からは娘も「どちらでもいいよ」

と私の気持ちもわかってかそう答えるようになっていました。


そうこう悩んで、もうどちらか決めなければならない去年の11月、現地校に通わせている他のママさんからこんなことを聞きました。

「4月から入って、2ヶ月もしたら現地校では夏休みに入ってしまう。せっかく慣れてきてもその後3ヶ月の夏休み、

また、9月からは1st grade (一年生)への進級でクラスも先生も変わるんです。子供も親も環境に慣れるまで落ち着かないかも。

英語は今ここで生活している中だけでも耳が慣れて十分メリットがあると思う。

だとしたら今アメリカ生活が楽しいと記憶に残って、大きくなってまた自分の意思で英語を勉強してまた来たいと思う方が

良いと思うな」

と。

確かに主人の赴任はもしかしたら今年の9月で終わるかもしれない。(延びるかもしれませんが)

だとしたら、それこそまた日本への引っ越しで学校もお友達も変わってしまう。

そんな心の負担を受けてもなお、現地校に入れる方がいいか、否か。。。。


本当に何ヶ月にも渡って娘の進学について悩んでいましたし、何人かのお母さん達から様々な意見を聞き、

情報も集めてきました。

他にもいろいろと考えて考えて、、、、

そして、とうとう今の日本人学校小学部へ娘を進学させることにしました!!

これで決定です!

それを娘に伝えるとそれはそれは大喜び♪

仲の良いお友達達、慣れた先生方と一緒に学校で引き続き過ごせるのが嬉しいらしいです。

娘の笑顔を見ると、やっぱりこれで良かったかなと思います。

それからは急いでランドセルやら、筆箱、鉛筆など小学校に上がる準備です!

いくつも注文する中で娘は

「でも、試験に合格しないと無駄遣いになっちゃうね〜」

と一言。

そうなんです!今の幼児部から小学部へ上がる為には試験があって、合格しないと上がれないそうです。

こんなに悩んで決めたのに、娘が合格しなかったらどうするかね〜。

と夫と苦笑。


そして1月に入って試験があり、無事に合格しましたよ!

(これも思った以上にちゃんとした試験でした。筆記試験あり、運動試験あり、子供と先生のみの面接あり。と驚きましたよ。。)

良かったねと、家族でほっと安堵。


すべて解決してからのブログ報告となりました。


さあ、これからは娘の人生の節目の一つ卒園、小学部入学と続きます!

娘よ元気に楽しく、そしてしっかりお勉強するのだぞー!!(授業料高いんだからね!)

心から応援する父&母なのでした・・・









































 

| 2014.01.25 Saturday | 転機 | comments(4) |

赴任期間延びました。 娘の学校選びに悩みます。
04:10
 とうとう決まってしまいました。


「赴任期間 延長」が。


当初3年の予定だった夫のニューヨーク赴任。


本来ならば今年の9月に3年経つので、日本に帰国予定だったのですが、


途中で3年半に延び、そして今月で人事がまたわかり、


我が家さらに延長、早くても4年の赴任期間になりました。。。


と言うことは早くて来年の9月の帰国予定です。(←これもどうなることやら)


いやー。。。。先が長い。というか終点が見えないのはなかなか辛いものです。


娘の教育についても当初の計算と狂います。


3年の赴任期間だと娘がちょうど終わりが年長さんで、小学校からは日本の学校でと、


区切りが良かったですし、長くなるとは思っても見なかったので、


娘が日本に帰った時にみんなと同じくらいの学力でいてほしいと


日本人学校に入れました。英語は大きくなって、本人が興味ややる気があったら自分で勉強すれば良いだろう。


それに覚えても日本に帰ったらすぐに忘れてしまうだろうし、


と思っていたので。


現地では今年の9月からちょうど、キンダーガーデンに入れるので


去年から現地に行かせるか、それとも今のままの日本人学校に通わせて卒園まで行かせるか?


非常に悩みましたが、キンダーに入れても半年で日本に帰国となると


娘も英語がわからない上に、新しい環境からさらに新しい環境へと移り、


パニックになってしまっても可哀想なので、


このまま今の日本人学校に卒園までいようということで、これも家族で話し合って決めました。


でも赴任期間がさらに延びるとなると・・・・


現地に行かせると言うのもありでしたかねえ。


誰もが3、4年もアメリカにいたら、英語はぺらぺらだろう。なんて思いますよねえ。


いえいえ、3年もアメリカにいますが、娘はほとんど英語はわかりません。(=私も)


幼稚園でESLと、授業ではやっていますが、一体どこまでわかっているものやら。




この間、レストランで娘に色塗りやクロスワードで遊べるパンフレットをもらって、


娘にクロスワードに入れるアルファベットを教えると、


私「これはイルカだから、Dolphin だね。」


と教えても


娘「ディーってどう書くんだっけ?」


と言う始末。


私も夫も目が点・・・・。



娘よ、ESLでもう3年習っているのに???


幼稚園では週二回、英語の授業がありますが、これも楽しく英語で歌ったり踊ったりしている感じです。


なので英語の歌はよく歌えていますけどね。


1月から12月までや、月曜日から日曜日までの歌も歌って聞かせてくれますが、


たまにそんなことも知っているの?と驚くこともあります。


今現在の娘の英語力は全くわかりません。不明も不明。


しかし、このまま現地のキンダーに行かず、今の日本人学校の小学部に上がるとなると、


それはそれは、もの凄く高い授業料がかかります(私立大学なみかそれ以上)。


ちなみにキンダーはアメリカの義務教育になるので無料です。


今通っている日本人学校の小学部に上がるとなると、毎日英語の授業が入り、


おまけに金曜日は一日英語だけで過ごすという、特殊な授業内容になるので、


それだけでも相当英語力はつくはず。


高くつきますがそこに期待しますか。


何よりもとっても良い学校ですし、先生方も良い先生ばかり。


娘ものびのびと楽しく通っていますし、


元気に楽しく通ってくれるのが一番ですし。


そうなると、今までやっていたアフタースクールも、小学部になるとすべて親のお迎えとなるので、


私が1時間30分かけて隣の週のニュージャージーまで、雨の日も風の日も雪の日もお迎えに行けるかも問題ですねえ。


夏は良いけど、冬になるとすぐに暗くなって、治安の面でも心配だし。


娘にとって何が一番良い選択か。


これからもいろいろと悩みそうです。


でも、娘に


「学校で英語習ってきているんだから、ママにも英語を教えてよ」


と言うと、


娘「だって、ママが教えてくれないから英語全然わからないよー」


ですって。




英語ってママが教えるものなの???



勝手に覚えてきてくれるものじゃないの??



私もさすがに4年アメリカで暮らしていたなんて言ったら、


英語が全くわからないというわけにもいかないですかねえ。


いまさらですが、私も英会話習おうかと模索中です。。。

















| 2013.06.26 Wednesday | 転機 | comments(4) |

転勤?!
13:27
  
 「ちょっと、仕事探しSTOPしてくれる?」

 娘の保育園がやっと決まって、通いだして5日。

 さあ!お仕事探そう〜!今の私を雇ってくれる会社なんてあるかしら?
 と不安を胸に、毎日ネット登録したり、
 以前勤めていた会社の知り合いに相談していた矢先、
 夫に言われた一言。
 

 私「え?何で?」
 夫「もしかしたら転勤になるかも、、、。」
  
 私「え?ええ〜?!どこに?」←海外は決定。国内地方はなしの会社なので
 夫「さあ〜?!どこだろう?とにかく英語を勉強しろと言われた。」

 娘の保育園は?私が働いていないと区から1万円の補助出ないし
 やっと見つけた保育園に通わせるのを止めるのか?!
 中央区の認可保育園なんて300人待ちですよ!
 入ったのは認可よりも少々お値段が高くなる認証保育園だけど、
 一度どこかの保育園に入ると点数がアップされて認可に入る順番が早くなるというから入れたのに、、、。

 家だってどうする?買っちゃってるしねえ、、、。車だって去年買ったばかりよ。
 英語だってさっぱりわからないし。何より私は日本が大好き。
 海外で生活するなんて正直考えられないよ。海外は治安だって日本より良くないでしょう。

 なーんて事がぐるぐる頭に回ったけど、まだ、決定じゃないし、その時考えればいっか!
 なんてその時お気楽に考えた私。

 まさかそれから半月後に現実に転勤になるとは、
 それも今までの人生こんなに辛い毎日はなかったと思うくらいの生活になるとは、、、。
  
 夫「決まったよ。」
 私「どこ?」
 夫「寒い方」←香港かニューヨークになりそうとは聞いていた
 私「ニューヨークか。。。遠いね。」
 
 その頃ちょうど仲の良いママさんが青森に転勤になったと聞いていた私。
 すごく寂しくなるな〜なんて悲しんでいたのに、
 まさか私が遥か遠くのアメリカの地に行くとは思ってもいませんでしたよ。

 それからアメリカ、NYへ経つ3ヶ月。
 娘は楽しんでいるようなので、そのまま保育園に通わせて
 家は賃貸に出す事にし、車は売却(夫かなり車好きの為悲しんでいました)、
 人間ドックに入ったり、持病の薬を貰いに行ったり、歯医者に行ったり
 たくさんの人と別れを悲しんだりと、慌ただしくあっという間にNYへ旅立つ日になりました。
 
 
 アメリカに来て2ヶ月経とうとしていますが、かな〜りいろんなことがありました。
 またそれは順を追って、報告しますね。

 はい。今大変な生活を送っています。ちなみに私の髪の毛白髪がかなり増えています。。。
 

 

| 2010.11.23 Tuesday | 転機 | comments(3) |