Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>






qrcode





Himemamaの初代綺麗ママがNYから子育て日記を発信します!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2014.09.18 Thursday | - | - |

小学校生活
04:07
暖かい日が続いてきて、春が来たと思って大喜びで衣替えをしたら

翌日、急に雪が降ったり↓(2週間前)



↑ チューリップかな?お花も何だか可哀相・・・



↑NYではサクラに似た白いお花があちこちにあります。

昨日はとても暖かくて春日だったのに、

今日は雨。そして気温も10度くらい。。。。

娘の朝の送りにまたもやダウンを出したりして、

全く一定しない気温とお天気に、毎日やる事も急遽変えている毎日です。



さて、娘の小学校生活が約1ヶ月が過ぎようとしています。

前にも話した通り、幼稚園の時から変わらない校舎、お友達に囲まれているので、

見た感じ娘はそれほど戸惑っているようには見えません。

元気に楽しそうに学校に毎日行っています♪

ただ一つ、やはり小学生になって変わった事はと言えば・・・・

1日ずっとお勉強をしに行くということ。

宿題もかなり出るよーと噂では聞いていましたが、

なるほど。こりゃ親も大変だ、なんていう量と勉強の難しさ(←え?小学1年生のレベルなのに?と思った方も多いでしょう)

娘も学校から帰ってきたら、今までのように好きに遊ぶ事が出来ず、

若干フラストレーションが溜まっている様子です。


ちなみに我が娘のランドセルに選んだのはこちら↓



↑ 土屋鞄のランドセル! 

当初は山本鞄をと思っていましたが、現地校に進むならばランドセルは日本に帰ってからでいいかと

迷っているうちに、去年の10月初めですでにSOLD OUT(売り切れ)してました・・・

(これから購入予定の方、毎年ランドセルの売り出しが早まっているようなので、お気をつけ下さい。

大体6月頃から始まっているようです。9月で人気なものは売り切れですよー!!)

と言うことで、職人さんが手作りで心を込めて作ってくれていると定評のある土屋鞄店がとっても素敵!

でしたので、ランドセルの革の色と内側の色を選べるものだったので、

娘に選ばせ、外側は茶色、ステッチと内側はピンクということになりました。

10月初めの注文で、ギリギリセーフでした。

でも、出来上がりの本当に綺麗な事!(2月中旬の出来上がり)

両親からのプレゼントで(しかも日本からアメリカまで送ってもらって)もらったのですが、

本当に素敵なランドセルでした。

娘も一つ一つ丁寧に作ってくださった職人さん達の気持ちや、おじいちゃん、おばあちゃんのお祝いの気持ちを感じたのもあり、

とっても気に入って使っています♪

本当にありがとうございました!!


そして、娘の学校は毎日1時間英語の時間があり、金曜日は一日英語の日なので、

日本で指定された授業数をカバーすべく、かなりビッチリと時間割が練られています。



↑ お気づきでしょうか?何と、入学式があった翌々日から7限という時間割!



↑教科書、ドリル、プリントもたくさん!

ちなみに俳句、短歌の時間もあります。(しぶい!)



毎日学校にもって行く教科書類の量はこれくらい。

これ、背負うと相当重いです。

毎日お弁当と水筒も持って行きますから、荷物が多いのです。。。

でも、スクールバスだから乗ってしまえば大丈夫かと。

毎日国語の音読、他に1つ 字を書くもの、英語が1〜2個、算数プリント1枚程度くらいが宿題で出ているようですが、

金曜日の一日英語の日があると、その日は来週までの宿題として6、7個の英語の宿題、

書写の時間はひらがなを書く宿題

なども日によって出てくるので、娘が学校から帰るとまずはおやつを食べ、

その後に夕食の時間までほぼ宿題です。

他にベネッセの通信をやっているのでその勉強を算数、国語を毎日1枚ずつ、

そしてピアノの練習もある日があります。(本当は毎日やらせたいのですが、どうしても気分が乗らないときもありやらない日もあり)

国語や算数は、まだまだ親からしたら易しいものですが、

英語が・・・・もはや私はギリギリです(苦笑)

英語の詩の暗唱や、生物のことについて書かれた英語のプリント(これは絶対に親が訳さないとわからないレベル)、

英語のクイズやら、環境のことなど、

一度親が目を通して、それについて考えさせたり解かせたりするので、ほぼ付きっきり。

毎日付きっきりで見て、急いで夕飯の支度をします。

おまけに先日英語科の懇談会と個人面談があったのですが、

娘のクラスは外人の先生(日本人の先生もいます)。

通訳ありで希望を出しましたが、何と、誰もいらっしゃらず・・・・

ずっと英語で席は隣同士での個人面談。。。。いやー辛かった。

現地校に行ったら当たり前なんですけどね。

本当、毎日親が良い勉強になります。


これだけの事を聞くと、娘は勉強やらせ過ぎか?なんて思うときもあるのですが、

現地校に行っている子は月ー金で学校、土曜日は日本人学校での補習校、

他にも公文を習っていたり、他にスポーツを習っていたりと、

普通にみなさんこなされているんですよね。

すごいなーと本当に感心します。

娘にそんな話をすると

「娘が一番大変で、頑張っている!」と鼻の穴を膨らませて言い返してきますけどね(笑)

本当、よく頑張っているよー娘。

自分の小学生だった頃を思うと、みんなどの子もよく頑張ってるわー。

なんて、街中のどの子供も偉く感じてしまうこの頃でした。。。。










 

| 2014.04.30 Wednesday | 学園生活 | comments(2) |

学園祭 〜年長さん〜
04:56
久しぶりの更新です。

もう、12月に入ってしまいました・・・。

さすがに師走と言うだけあって、毎日忙しく走り回っています(汗)

たくさん更新したいことがありますが、

順を追って、先月の学園祭から。

娘、幼稚園最後の学園祭です!





11月23日(土) 朝8時40分開場

今年の学園祭の劇は、何と、子供達がストーリーを1から考えて作ったオリジナルのもの!

最近小人がクラスで流行っていた為(日本でも流行っていますか?小人図鑑なんていうものもありますよね)、

小人が出てくるストーリーを、先生を中心に子供達がいろいろなアイデアを出して一つの物語にまとめたそうです。

話の内容は、

こびとが学校の子供達に捕まり、仲間の小人が妖精や、森の虫?たちの助けをかりながらの救出劇。

でも、結末は・・・?

予想外の結果に!!

途中歌や踊りも加わって、それはそれはかわいい児童の劇でした。

みんな台詞も間違わずに、本当によく出来ていました。

一人台詞は3つと決まっていたようで、

平等に?!出番もあり、全体合唱の時もどの子も顔がよく見えるように配列もされていました。



実は去年、娘の出番があまりになく(最初だけで他には一向に出て来なかった)、そして全体写真にも顔が写らずと、

ちょっと不満に終わった学園祭。

前回の学園祭の詳細はこちら

前回モンスターペアレンツのようで申し訳なかったのですが、翌日しっかりとクレームを出した私。

その意見もあってか?!(本当、うるさい親ですみませんでした)

今年はかなり先生方気を配られた様子。

出番も少人数で顔がはっきり、台詞もしっかり、

全体写真もどの子も顔が写るような並べ方。

先生方、お忙しい中子供達とのストーリーの話し合いから、練習から、親達への気配りから

本当にありがとうございました!!

いや〜、内容も子供達の演技も演出も素晴らしかったです!!



あんまりにもみんなの姿が可愛くて、私は最初の全体合唱の頃から、ジーンと目頭が熱くなってしまいました。

だって、だって、、、

年長さん、口を大きく開けて、笑顔で、体もリズムに合わせてみんなで一致団結して歌っているのですもの!!





↑一番上の列が年長さん、真ん中 年中さん、下 年少さん

年中さんや年少さんも口を大きく開けて、一生懸命に歌っていたのですが、

年長さん達は体を左右に揺らしてリズムをとりながら

大きな口を開けて歌っていたのです!!

すごく良いクラスなんだなと、ひと目でわかりました。


そして、劇では小人たちが妖精さん、てんとう虫さん、ありさんの助けをかりて、

捉えられた仲間を助けるという場面がやってきました。

娘、妖精さんの役です♪

朝から緊張して朝ご飯も食べられなかった娘。

きちんとできるかな?と親の私もドキドキ。

ちなみに、本番まで娘は出番も台詞も非公開だった為、

娘の出番がちゃんとわかるかしら?と少し心配でしたが、

心配ご無用。少人数で舞台に出てくるのでよくわかりました。




↑黄色い妖精の役が娘。「しーっしずかに!」と言っています。



「助けるぞ〜助けるぞ〜!仲間を助けるぞ〜!」

と替え歌で歌と踊り。



↑「頑張るぞ!」と飛び上がっている様子。ハハハ写真から飛び出ちゃった。。。

お腹下着が見えてるし。



↑本当、みんな良い笑顔で良い演技をします!!

なんとこの話の結末、捕まった小人を無事に助けに行きますが、

たどり着くと小人達は「帰りたくない。このまま人間の子達と一緒にいたい」

と言います。

それから人間と小人は仲良く過ごしましたとさ。

というオチ。

最後は笑いもあり、こんな話をよく先生と子供達で一緒に考えてまとめたなと感心しました。

フィナーレは各役の子が挨拶します。↓



↑娘、深々とお辞儀。


これで幼稚園最後の学園祭終了〜。

年少さんの時は「さつまのお芋」のお芋役で、みんなと歌ったり踊ったり、

年中さんの時は「ライオンのかくれんぼ」でライオンの役。一人一人の台詞ができました。

そして、年長さんは「こびと つかまる!」オリジナルのお話で小人を助ける妖精さんの役。

これは歌も踊りも数段うまくなっていて、台詞も堂々と一人で演技もできていました。

3年って、あっという間。

でも、子供の3年間の成長って、本当にすごい!

出来なかったことがどんどん出来るようになります。

娘のこんな姿、3年前は全然想像していませんでした。

泣いてばかりの恐がりでママから離れなかった、赤ちゃんから少し成長しただけの娘。

今じゃ、あと少しで小学生になるんですもの。

毎日家族のお世話をするのに必死で、時の流れもわからないまま過ごし、

気づいたらこんなに大きくなっていました。

娘が親から離れていくのももしかしてあっという間なのかなあ。

なんてちょっとセンチメンタルに・・・

幼稚園生活もあと少しです!

娘には思いっきり楽しんで学園生活を過ごしてもらいたいなと

心から思うのでした。



ちなみに、、、、


出番が終わった娘はほっとして、

「お腹が空いた〜」ですって。

そんなことあろうと思って持って行った、おにぎりをペロリと食べちゃいました。

ホッとしたんでしょうね。

お疲れさまでした♪

| 2013.12.11 Wednesday | 学園生活 | comments(2) |

セントラルパークズーキャンプ 2013
09:31
 今年もセントラルパークズーサマーキャンプに行ってきました♪

このサマーキャンプ、本当に大人気!

受け付けは元旦ですが、ものの5日くらいで完売してしまいます。

今年は旅行から帰って来たのが1月1日。

翌日の2日は申し込みをして、無事に日本人学校のサマーキャンプ後の日程で調整して取れました。


7月29日〜8月2日までの月〜金。

去年よりも2時間長くなり、AM9時〜PM3時まで。

毎日お弁当持参、そしてセントラルパークズーまでバスに乗っての送り迎えです。

去年行っているせいもあり、また知っているお友達がたまたま同じクラスを受けていたのもあり、

今年は親も子もそれほど緊張なく、5日間楽しんできました。


授業の内容は去年とほぼ変わっていない様子で、

毎日お部屋に可愛い動物がきて見て触ることができ、

動物園内を見て回ったり、

馬やヤギ達にえさをあげたり、

4Dの映画を見て楽しんだり、

歌ったり踊ったりして過ごしていたようです。

とにかくトイレに行きたいと言う英語だけは教えたので、それもすんなり先生に言えていた様子。


格段に英語が出来るようになったというものではありませんが、

英語だらけの中で過ごすのも、少しは慣れたんじゃないかなと(日本人のお友達がいたから全然英語を聞いてない可能性もあるけど・・・)

いろんな国の子供達がいても、違和感なく過ごせるようになったんじゃないかなと、

やっぱり大きな進歩だと思っています。

最終日は前回と同じように、みんなで出し物をして親達の前で披露。

(娘はいろんな動物の真似をしていたようです。)


→お面も制作していたようですが、娘はお面をつけずに。

ライオンかなにかの真似かしら?














←いやー。
何も臆することなく楽しんでいます。

こういう姿見ると嬉しいなあ。














→一人一人名前を呼ばれて、賞状と写真をもらいます。

先生から
「Good job!」

と言われていましたよ♪















実は日本人がこのクラスには3名いました。

みんな知り合いで、たまたま同じクラスに申し込んでいたようです。

この3家族で毎日、授業が終わった後にプラザホテルの地下でアイスを食べて帰っていました。

娘はこれが一番の楽しみだったと言っても過言じゃありません(苦笑)

時々他のお友達も合流して遊んだり、

終わった後にプレイデートでお友達の家に遊びに行ったりで、

毎日遊びまくって、そして、疲れ、、、

キャンプが終わって娘はまたも39度の熱を2日出したのでした・・・。

ついつい、楽しいお誘いを私も娘も受けてしまうのですが、

前回から何度も言うように、娘が行きたい!と言っても、体力を見てセーブしてあげなくてはいけないな

と反省しました・・・




それにしてもまたも素晴らしい夏休みの思い出ができました。

アメリカに来たときは、どこに行っても怖がって泣いて私から離れなかった娘が

今この小さい時期に、自然と世界中の人々と触れ合って、

違和感なくいろんな人達がいることを肌で感じ、

その中で元気に楽しんでいる。

本当に娘を取り巻く人々、そして環境に感謝せずにいられません。


来年3月で今通っている日本人学校もとうとう卒園。

4月から現地校に編入するか、はたまた今のまま日本人学校に行かせるか、

本当に悩みどころです。









































| 2013.09.05 Thursday | 学園生活 | comments(0) |

今年のサマーキャンプ
03:23
 もう、すでに終わっていますが、、、、

娘のサマーキャンプの様子です。

アメリカの学校の夏休みは6月から9月までと、約3ヶ月もの長さがあります。

娘の学校は日本人学校なので、比較的夏休みは短く、

7月から8月中旬までの1ヶ月半でした。

その間毎日家にいても、学校大好き!な娘には退屈で仕方がないので、

去年に引き続き日本人学校のサマーキャンプ前期と、

セントラルパールズーのサマーキャンプ1週間を過ごしましたよ。




まずは日本人学校のキャンプの様子(7月1日〜7月19日)はこちら↓



→長ーい竹から流れてくる流しそうめん!!

娘はそうめん大好き♪

去年に比べて箸の使い方も問題ありません!










↑スイカ割り

目隠しするのが怖いと年少さんの時は泣いていたけど、年長ともなるとへっちゃらになりました!
見事スイカに当たったようです♪


↑ みんなでクッキング

カレーを作ったようです。

娘はカレーが苦手なのに、なぜか学校でみんなと一緒に作ったカレーはおいしいようで、

残さず食べるそうです。

←毎年前期サマーキャンプ恒例の空手

去年に比べて大分大きくなり、空手着も自分で着替えます。















→「やーっ!!」

キックも強そうになりました。














サマーキャンプは現地校に通っている子達が、夏だけ日本人学校にくることが多いので、

ハーフの子がとても多いです。

週1回のオープンハウスでは、親達の前で空手の披露や親と一緒の夏祭りの体験など

日本らしいイベントがたくさんあり、普段現地校に通わせている親御さんたちに

大人気のキャンプなのです。

空手着姿の子供って何とも可愛くて、また、規律や集中力も養われていいですよね♪

←御神輿をかつぎました。

御神輿も自分達で制作です。

この日はもの凄く暑くて、すぐにお神輿担ぎは終了。

見学の親達も汗だくです。

私は日傘を持って行って大正解でしたー。



→射的や、スーパーボウルすくい、ハンドペインティング、かき氷、輪投げ、くじ、などなど
学校の中でいろいろと回って楽しみました。

去年は全部回りきれないでタイムアウトでしたが、今年は外が暑すぎて、早めに縁日となったので、全部余裕で回れましたよ♪





年長さんだけある水泳教室↓

この水泳教室は学校で最も「売り」としているところで、

年長さんは毎日のように水泳教室があります。

キャンプの間にみんな泳げるようになると言われているくらいです。

娘は年中からアフタースクールで水泳を習っていますが、

とにかく水泳がイヤでイヤで、毎回朝から泣いていました。

それでもやめさせずに習わせ、年長になってクラスの授業でも水泳があり、

そこで急に楽しくなったようで、今では「水泳が楽しい!」と言うまでになりました!




→オープンハウスで最後の水泳教室の様子を見ることができました。

初級:水に顔をつける

中級:ビート板など持って泳ぐ

上級:クロールで泳ぐ


娘は中級でした!

何度も水に顔をつけてビート板で泳ぐ姿に感動


このプールに行くまで子供達はバスに20分くらい乗って行くんですけど、

午前中の授業もハードなのに、また午後にバスに乗ってプールで泳ぎ、

バスで帰って来てから、マンハッタンの子達はまたニュージャージーからマンハッタンまで

スクールバスで帰ってきます。

本当に毎日ハードです。娘ながらよくやっていますよ。


その他に3週間のキャンプの中で、2回の遠足あり、毎日のように水遊び、制作もあります。

とにかく毎日イベント盛りだくさんのキャンプなのです。


また、普段の幼稚園の生活では毎日お弁当ですが、

夏と言うこともあり痛みやすいのと、苦手なものも食べてもらいたいので、

このキャンプ中は給食を頼みました。

私は朝のお弁当作りがなくなって、かなり楽になりましたが

と言っても、夫のお弁当は必要なので作らないわけではないけれど、、、

夫からたまにお弁当作りを休ませてもらえたので、朝は格段に楽でしたね〜。

ただ、水遊びと水泳があるので、毎日水着が2着必要(帰ってから毎日洗濯)

とか遠足の時は、決められたTシャツを着せるとか、

毎週1回くらい親も学校まで行って、参加するもの(縁日や夕涼み会)

があり、結構親も慌ただしいです。

それでも、子供の楽しんで充実した学園生活を送っている姿は見たいもので、

毎日子供と一緒に泣いたり笑ったり。

親にとっても子供にとっても素敵なサマーキャンプでしたよ♪

しかし、さすがに娘にとってハードだったらしく、

サマーキャンプ途中で39度の熱を3日間出して、お休みしたり、

動物園(遠足)に行った帰りに、日焼け止めが合わなかったのかアレルギーで全身発疹を出したり、

体調も崩しました。

こんなにハードな毎日なのに、学校から帰って来てからもお友達と遊んでいたのがよくなかったかな〜。

今度は子供の体力に合わせて、うまく調整しないとなと反省したキャンプでもありました。

次はセントラルパークズーのサマーキャンプの様子です〜。

| 2013.09.05 Thursday | 学園生活 | comments(0) |

学園祭〜年中さん〜
14:22
 もう1ヶ月以上も長引く咳で、大変に苦しんでいます。。。

今も咳がひどくて寝れないので、ブログを書くことにしました。

本当は明日もお弁当作りで早起きなのと、サンクスギビングホリデーで娘がお休みなので、

少しでも長く寝ておきたいんですけどね。

あー早く治って欲しい。。何だろこれ。





さて、先週の土曜日に娘の学園祭がありました。

題は「ライオンのかくれんぼ」。

食いしん坊で欲張りなライオンが、いくらでも食べていいよという豚さんのお家でご馳走になって、その後他の動物達と仲良くかくれんぼをするというお話。

娘はライオン役。

と言ってもライオンはたくさんいて、第一幕から三幕までそれぞれライオン役の子が4人ずつくらいいるのです。

娘は最初はリスの役が良かったらしいのですが、リス役2人のところ希望者4人。

自分からライオン役に移ってあげたらしいです。

こういう時、結構聞き分けが良い子なんですよね。

発表会前までは自分がどんな役でどんなことをするのか、親には内緒でと担任の先生と約束していたらしいです。

いつもは張り切って何でもやってみせてくれる娘ですが、今回はなかなか見せてくれない。

でも、「リスは誰やるのー?」とか「娘はどんな台詞をいうのー?」とか

学校から帰って来たら質問ばかりしていたので、

さすがの娘ももう逃げられないと思ったのか、

「ライオンの役で、うまそうだなーとか言うの。。。。」

と私に暴露。そして「先生と話さないって約束したのにー!!」と号泣。

これは可哀想なことをしたなと思って、

「ごめんね。ママと娘だけの秘密ね。誰にも言わないからね」

と言って、二人だけの秘密と言うことに。

でも、娘、一度私に言ったら他の人にも言いたくなったのか、

それからパパやお友達のママにも話していました(笑)

本当は言いたくてたまらなかったのね。




当日、張り切って買ったばかりのカメラと、ビデオ+三脚も持っていきました。

早めに並んで、前の方の席もゲット♪

全体合唱では2曲。一つは日本語の曲、もう一つは英語の曲。

みんな大きな声でとっても上手でした。

日本語の曲は途中、手話も付けて歌っていて、ちょっとジーンとしちゃいました。↓






劇では年少さんが終わって、娘達の番。

娘は第一幕のライオンの役。

「うまそうだなー。ぜんぶおれさまによこせー!!」

と台詞も大きな声で、ライオンになりきってとっても上手に出来ていましたよ!↓


大きな声で言えていて、開場もわいていました。




第一幕のライオン退場。

そして、、、、、







待てど暮らせど娘の番が来ず、、、、




他の動物たちは楽しそうにかくれんぼをして、



第3幕のライオンも一緒にかくれんぼをするようになって、、、、



あーみんなで森の動物達は仲良く遊びましたとさ。


で、、、、、、


劇終わっちゃいました。


あれ?娘の出番もしや最初だけで終わり?ほんの数分。いや数秒?

それも姿も現さないの??(舞台裏に行っちゃいましたから)


最後はみんな出て来て、記念撮影。


あー娘いたいた!と喜んだのもつかの間。。。


前にいた男の子に隠れて全く顔が写らず。。。

全体写真にも写らない有様。↓


↑娘どこにいるかわかります?娘の隣の子なんて、もっと見えませんよ。

もーーーーー!!先生、顔が写らない子のチェックもちゃんとやってくださいよ!

それに台詞はみんな一つかもしれないけど、舞台に出ているのはみんな平等に企画してくださいよ!

と年に一度の学園祭。

夫婦揃って、かなり怒り気味の終わりに。

まあね、学園祭前にハリケーンが来たり、大雪が降ったりで学校も先生も大変だったのも、とってもわかります。

それぞれ言うこともなかなか聞かない、小さな子供を相手に教えるのもどんなに大変だったろうと思います。

でもやっぱりね、親としては子供の成長が見れる、楽しみにしている大事な時なのですよ。

こんなモンスターペアレンツになるのも申し訳ないのですが、

翌日の連絡帳にはみっちりと残念だったと書かせて頂きました。。。


本当、残念だったな〜。

うんうん、子供達は本当によく頑張っていたよ!

でも親心としては、娘の番があまりないのも寂しいし、全体の記念写真に乗らないのも悲しいなあ。。。



| 2012.11.23 Friday | 学園生活 | comments(2) |

2学期 保育参観
01:17
 先々週のことになりますが、2学期の保育参観がありました。

今回は英語の授業とリズム言葉という授業内容。

そういや、年少さんの時には苦手な動きマッスルという授業があったため、大泣きして次の英語の授業の時はずーっと一人泣いて終わったっけな、なんて思い出も。。。

さて、今年の娘はどんな感じかしら?

と期待半分、不安半分の私。




最初は英語の授業。

もうすぐハロウィンということもあって、「Jack -o-lantern(ジャック オー ランタン カボチャの中身をくり抜いて顔をつくったランタン)」やら「Ghost(おばけ)」のお話や体を動かしながら、英語を話させたりと、歌ったりクイズしたりと楽しそうな授業でしたよ♪



↑何と何と!今まで一度も手を挙げている姿を見たことがなかったのに、自ら手を上げて発表していましたー!嬉しかったなあ。


その後のリズム言葉では「じゅげむじゅげむ〜」を暗記したものを発表します。

ここでも、娘は元気よく手を上げて、みんなの前に立って発表しましたよ♪




途中「ふうらいまつ」が抜けたため99点!おしい!でも最後まで言えて高得点でした。

中には前に出たら緊張して、全く言えなくなっちゃう子や、途中頑張れるところまで言って止める子など、いろいろなドラマがありましたね。

頑張っている子供達全員に先生方はとにかく褒めてあげるので、子供達もみんな笑顔でママやパパの方を見て、誇らしげに席に戻って行きます。

見ていてとっても微笑ましい授業でしたよ♪

そして子供達が学校でどんなふうに過ごしているのかがわかる素敵な授業でした〜。

とにかく年少さんの時の娘とは大違いです!

何でも積極的にやるようになり、活動的になっていました。

この頃の一年の成長は大きいですね。

出来なかったことがどんどん出来るようになって、自我が芽生え、自分で考えて行動が出来るようになった気がします。

良く頑張ったね!(本当に親ばかですみません)

これからの娘の成長を見るのがもっともっと楽しみです♪



| 2012.10.23 Tuesday | 学園生活 | comments(2) |

秋の運動会〜年中さん〜
10:31
 先日の日曜日に娘の運動会がありました!

去年、年少さんの娘は運動会の練習の時から、「大玉転がしイヤだー!」とか「綱引きイヤだー!」と泣いていたっけ。

その度に私も朝から「何度も練習すれば大丈夫」とか「怖くないよ」とか、

「何やっているの!早くしたくしなさーい!」とか、、、

叱咤激励して毎日大変でした。そして先生との連絡帳のやり取りもそうとうな行数。

しかし一度運動会を経験した娘は、すっかり運動会が大好きになり、

今年は綱引きも、大玉転がしも全く怖がらず、毎日楽しい楽しい♪と言って学校に行っていました。

なので、今年は全く手がかからなかった娘。

おまけに得意なダンスは「運動会まで、ママには内緒♪」と言って、いつもは家にいるときずっと踊って見せているのに、今回は全く踊りを見せてくれませんでした。

去年、娘が上手に踊っている姿を見て、思わず感動して泣いた私。

それを見た娘は、私をまた感動させようと思っていたらしいです。

ダンスと歌が大好きな娘。

アフタースクールでもダンスを習っていますし、先生からの連絡帳でも

「娘ちゃんのダンスとってもかわいいですよ!楽しみにしていてください。」

と書かれてました。

今年はどんなダンスを見せてくれるんだろうと、とっても楽しみにしていましたよ♪






そして運動会当日。。。。。。


娘。


熱を出しました。。。。。。37、7度。アチャー。

何となく2日前から軽い咳をしているなと気になっていたのですが、

まさか当日に熱を出すとは!!

朝、お弁当作りで早くに起きていた私ですが、

起きてきた娘の体が熱いことに気づいて愕然!!

どうしましょうーーーー!!

運動会お休みするかしら??

でも、あんなに楽しみにして、たくさん練習してきたのにねえ。。

娘は「絶対に運動会に行く!!」と全く気持ち揺るがない様子。

とりあえず、全く食欲ない様子だったので、ウィダ イン ゼリーを飲ませて栄養補給。

食欲ないときに素晴らしいウィダ イン ゼリー!!

すると行く直前に36、8度に熱が下がったので、運動会に行くことにしました。

そういや、去年は私が39度の熱を出したっけなと、運動会はなぜか家族が熱を出すなと

悪夢が蘇りましたね。

運送会の季節は夏から秋への以降の時期。

暑かったり寒かったりする日があるので、風邪を引きやすいようです。

そして、運動会会場に行くと、

開場を待っているご家族で長蛇の列。

毎年良い席を取ろうと、朝早くから並んでいらっしゃるご家族もたくさんいらっしゃいます。

もちろん、我が家は行くか行かないかそんなことで悩んでいましたから、かなり後ろの方です。

開場し、予定通り運動会も開会式が始まりました。

私は娘を生徒席に連れて行って、すんなり娘とバイバイ。

そんな状況にも、私は感動。

だって、去年は私と離れるのがイヤだと大泣きされ、開会式までずっとそばにいたのですもの。

去年担任だった先生も「娘ちゃん、成長しましたねー。ダンスも本当に可愛いんですよ!楽しみにしてくださいね♪」とわざわざ言いに来てくださいました。



今年のテーマは「オリンピック」。

開会式前の年長さんの各国旗を持ってダンスする様子にも、ワタクシ一人感動。。



ちっちゃい子がただ、頑張っている姿を見るだけで、何だか愛おしくて、涙しちゃうのです。

これだけで涙するとは年を取ったのでしょうね。。。

その後、かけっこ競争。娘は今年は靴が脱げずに2位でゴール!




次娘の種目は「玉入れ」

そして、、、楽しみにしていたダンス♪

うんうん!ものすごく手足をのばして、娘頑張っています!

それも大声で歌いながら!




しかし、、あれ、、、?、、娘!そこみんなしゃがんでいるよ!そこしゃがむところだよ!

先生も必死で娘にしゃがむようにアピール!


でも、娘何を先生に言われているのかわからず、おまけに中央にいる先生の方へ走って行ってしまいました、、、、

何を言われたかわかった様子の娘。バツが悪そうにみんなの輪に戻ってしゃがみました。。。

が、、、!そこ立つところ!!

全くフォーメーションが理解していない様子の娘でした。。。。


でも、何度も言うようですがとにかく一生懸命踊っていたんですよ!

親の欲目ですけど、本当に上手でした。

一生懸命に踊りすぎて、周りがわからなくなったのかなあ、それともクルーズに行っていて、みんなとのダンスの練習があまりできなかったのかなと、思ったり。

それでも、本当に頑張っていた娘の姿に心打たれました。

お弁当で私たちの所に帰ってきた娘は、すごーく落ち込んでいて

本人は「ダンス、失敗しちゃった」と思ったのでしょうね。

私も夫も「すごくダンス上手だったよ!」と心から褒めてあげました。

風邪もあってかあまりお弁当を食べず、ずっと夫の膝の上で元気なさそうにしていましたが、

何とか、モチベーションも戻ってきて、リレー頑張る!と

元気が復活しました。ちなみに前日から作りこみしていたお弁当は↓


もう、食べちゃった後ですが、お料理教室で習ったエビカツサンドと、マグロのステーキサンド、

娘には鮭とこぶのおにぎりに唐揚げとサラダに、イチゴとブルーベリーのデザートでしたー。



↑お弁当を食べたら少し元気がでたかな?



午後は母親競技。

本当、毎年何をやらされるのかビクビクします。

今回は三段になった箱を持っての二人一組のリレー。

私は仲良しのママと一緒で心強く、去年ほど緊張もなく楽しめましたよ♪

私は赤組。赤組勝ちましたー!

そして、娘のクラスの障害物競走。


安心してゴールしました!

次、父親競技の大綱引き。

さすが迫力が違います。

父親の強さを見せる場面♪

うちの夫は体も大きいので一際目立ちます。

去年も勝って、今年も勝ちました。さすがね!パパ!強ーい!

そして、最後は年中組さんと年長組さんの紅白リレー。

娘は年中組のアンカーです。。。

(どうか転んだりしませんように)

と心の中で祈るばかり。

最初から最後まで赤組が優勢だったため、娘も難なく差を縮められることなく年長組さんにバトンをタッチ。

意外に娘、速かったです。(本当親バカですけど)

最後はみんな頑張ったでしょうと、園長先生のお言葉で締めくくり。

金メダルを全員もらって帰りました。




↑プリキュア大好きチームでパチリ。

やっぱり日本の行事はいいですね。

現地校にはないでしょうから、日本人学校に入れて、こんな経験をさせられて成長が見れて本当に良かったと思える瞬間でした。



家に帰ってきて、夜、案の定ムスメ、38、5度の熱を出しました。。

それから水曜日までずっと学校はお休みです。

クルーズに行ったり、すぐに運動会の練習だったり、お友達と遊んだりで忙しかったものね。

ムスメよお疲れさまでした。

何でも一生懸命にやる姿に、パパもママもとっても感動しましたよ!

また、来年の運動会楽しみにしているね♪

娘のことで一喜一憂する私。

とても娘が愛おしくて仕方ないのです♪


| 2012.09.22 Saturday | 学園生活 | comments(4) |

オープンハウス〜2回目〜
01:05
 昨日はオープンハウス2回目でした。

今回は小学生〜未就学生までの合同縁日。

最初は太鼓とお神輿を披露。

娘は年中組なので、太鼓を叩く役目です♪

毎日家に帰ってきては「わーっつしょい!わーっつしょい!」とお神輿を担ぐマネをし、

太鼓を叩く練習の様子を教えてくれましたが、

実際にみるのは初めて。

さあ〜娘張り切って叩いているかな〜?

ワクワクして見ると、、、、


「わーっしょい!わーっしょい!   ドンドンドン(太鼓)」

「ドンドンドン(←娘だけ太鼓を鳴らしている)わーっしょい!わーっしょい!  ドンドンドン(太鼓)」


私 「ん??娘、太鼓を鳴らすのが皆と違う?」



太鼓は「ドンドンドン   (休み)    ドンドンドン」

となるはずが「(休み   ドンドンドン  (休み)」

と皆の休みの時に思いっきり太鼓を鳴らしている娘(苦笑)。


隣にいるママ友も思わず大笑い。


私も大笑い。


ある意味とっても目立っている娘でした。その様子↓




↑ 他の子お休みしているんですけど、思いっきり叩いている娘。

隣のお友達は「あれ??」という顔。





思わず先生が直しに。「はい 今だよ〜 ドンドンドン。」


隣のお友達が心配そうに見ています(笑)

でも本人はいたって真剣そのもの!。




そして、各クラスごとのお神輿に。



このお神輿「きのこ??」と思いましたが、スイカですって。

娘のクラスはスイカ組。それに合わせてハッピもスイカの絵が描かれていました。

お神輿にもそれぞれの似顔絵をぶら下げて飾っていて、

制作物も手がこんでいます。

先生たち制作物活動もこんなにやってすごいなあ、と感心しました。


その後は子供を連れての出店回り。


かんつみや↓





フェイスペイントもしました。

時間が決まっているので全部回りきれませんでしたが、

他にも スーパーボウルすくい、わなげ、ストライクアウト、かきごおり、しゃてき、くじ、スーパーボールなげなど

日本のお祭りを体験してきましたよ♪

娘はかき氷と、わなげが楽しかったんですって。

でも、なぜかいつもよりもテンションが低く、元気のない様子の娘。(あまり笑顔がないでしょ?)

暑くて、バテちゃっているのかなあ、と娘と別れて心配していましたが、

学校から帰ってきた時は元気いっぱいでした。

私「元気なかったけど、具合でも悪かった?」

と聞いたら

娘「だって、おなかがすいていたんだもん!」

ですって。確かに給食を全部食べた花マルがついていました。

なんだ、具合が悪いわけじゃなくて良かったわ。

とほっと一安心。



さて、今日で日本人学校のサマーキャンプも終わり。

毎日イベントづくしのとっても楽しいサマーキャンプで、親子共々大満足でした♪



そして、、、、、来週からは、、、、、


なんと!!


なんとなんと!!!


現地のサマーキャンプに1週間行ってきます!ひょえ〜



親子共に初めての現地での学校。


英語がいまだにさっぱりわからない親子ですが、

一体どうなることやら、、、。


また、お知らせしまーす♪












| 2012.07.14 Saturday | 学園生活 | comments(0) |

オープンハウス〜1回目〜
01:00
 とうとう、前期のサマーキャンプも残り3日となりました。

娘はとっても元気に楽しく通っていますよ。

毎日様々なイベントで、娘はたくさんのことを吸収してきているようです♪。

親達は週に一度オープンハウスがあり、子供の様子を見ることができます。

その様子1回目をご紹介♪



 

↑午前中は水遊び。

ニュージャージーの規則が変わって、ビニールプールの中に入っての水遊びが出来なくなったのですが、

スプリンクラーやシャボン玉、スライダー、シャワーなどたくさんの遊具が出され、子供達の元気な笑い声でいっぱいでした。




↑なにやらお魚の水鉄砲に水を入れ、、、




↑私に向かってお水を「ピュー!」

と楽しむ娘。









そして、一番見てみたかった空手の授業!

前回夕涼み会で学校に行った時に、先生から

「むすめちゃんの空手、すごく上手ですよ。目つきがもう違うんです。」

と言われてましたし、

また家でも習った空手を楽しそうにお披露目してくれる娘を見ていたので、

一番期待し、楽しみにしていました!!





↑道着を着た娘。






↑まずは精神統一。

「黙とう!」



↑「よろしくおねがいします!」

と礼儀作法もしっかりと。





↑ 先生が今まで習った型の復習に、お手本を見せます。

ものすごい迫力。型が決まった時には子供達から「おおー!格好いい」と歓声もあがります。





↑姿勢正しい立ち姿




→「1!2!」





↑「3!やーーっ!」

と元気よいかけ声。

娘も大きな声で

「やーっつ!」






↑ なかなか決まっているじゃないですか!!


親の欲目でしょうが、何だかポーズが一つ一つ綺麗に決まっている様子に、

シャッターを切りまくりでした(笑)

空手は精神統一や、礼儀作法がしっかりしているので、子供の集中力も養われ、いいことが多いのではと、

また、こんなにも上手に楽しんでやっているなら、サマーの間だけでなく空手を習わせてあげたいねと夫とも話しましたが、

残念なことにサマーキャンプ前半で空手は終わり。アフタースクールに空手もなし。

続けられないかなあ。



後半は太鼓に変わりました。太鼓も楽しんでやっているようですけどね。


一年前は、クラスでも泣いてばかりだった娘がこんなにも成長していて、

嬉しいばかりです!

朝「学校に行きたくない」と言うことも多く頭を悩ませてきましたが、

やはり毎日行かせて良かったです。

充実して目がキラキラと輝いて学校から帰ってきますから!

「かわいい子には旅をさせろ」ですかね。

| 2012.07.12 Thursday | 学園生活 | comments(0) |

サマーキャンプ始まりました!
03:54
 先週の水曜日で1学期も終わり、

いよいよ今週からサマーキャンプ前期が始まりました。

去年はバカ高い授業料を払って行かせるのはもったいないと、

周りに同じような年齢の子供もいて一緒に遊べたので、2ヶ月間お友達と遊んだり、私がずっと相手をしましたが、

今年は日本に帰国してしまったお友達や、妊娠中のママや、サマーキャンプに行ってしまう周りの子ばかり。

一緒に遊んでくれる子はいなさそう。。。

本当に娘と2人で2ヶ月過ごすのは、娘にとっても私にとっても辛いだろうと、

前期だけ今通っている学校のサマーキャンプに行かせることにしました。


サマーキャンプと聞くと「え?泊まりなの?」

と思われる方もいるでしょう。

年長さんだとお泊まりもあるようですけど、年少、年中さんにはありません。

毎日学校に通います。

普段の学校とはやることも少し変わって、クラスも年少、年中、年長さんを混ぜた構成で1クラス26人くらい。3クラスあります。

大きい子は小さいこの面倒をみて、小さい子もお姉さんやお兄さんのいる生活を体験できるようになっています。

やる内容もいつもと違ってイベント盛りだくさん!

前期だけでも水遊びや、空手、クッキング、夏祭り、流しそうめん、盆踊り、フィールドトリップと呼ばれる遠足が2回、太鼓など。

親も週一回のペースでなにかしら学校に行きます。

そして、普段現地校に通っている子達が、サマーキャンプで日本人学校にくるケースが多く、ハーフの子が目立ちます。

これから3週間、娘も毎日いろんな体験をしてくることでしょう!

でも、ちょっと可哀想なのがバスの乗る時間が長いこと。

毎朝ポイント制なので、いつものようにアパートの前までバスが来てくれないため、

歩いて10分くらいのところまで行きます。(それくらい仕方ないのですが)

なので、出かける直前に「うんち!」と言われるとバスに乗り遅れるのではとハラハラします。

また、約1時間弱バスに乗って行って帰ってくるので、帰って来た時は疲れきった様子。

サマーに行って今日で3日目ですが、もう朝から「学校に行きたくない。」

と言い始めました。

「学校の給食が多くて食べれない」「ママに会えなくて寂しい」とも。

いつもお弁当でしたが、夏場ということもあり、周りは給食の子ばかりだし、サマーキャンプの間だけ給食にしてみました。

その方が普段食べない物も食べれるようになるかもと。

でも、今まで必ずお弁当箱を空っぽにしてくる娘だったので、給食を残すのが嫌らしく、無理して全部食べているようです。

年長さんも同じ量を食べているので、相当量が多いんだと思います。

それが苦痛なのかな。無理して全部食べなくてもいいんだよとは言いましたが。。。

また娘は環境にすぐ慣れる子ではないので、新しいクラスになかなか馴染めてないのではと心配ですね。

もっとおおらかに見守りたいけど、なかなか私も穏やかに見守ることはできず、

ハラハラしてばかり。

毎日心配が絶えません。


サマーキャンプが終わる頃には「楽しかった〜!」と笑顔で言ってくれたらと願うばかりです。






↑学校から帰ってくる様子。

4歳で1時間も乗って隣の州まで行くんだものね。

我が子ながら偉いなあと感心します。









| 2012.06.28 Thursday | 学園生活 | comments(0) |