Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>






qrcode





Himemamaの初代綺麗ママがNYから子育て日記を発信します!
<< バレンタインデー | main | 難題! 学校選び ついに入園決定! その2 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2014.09.18 Thursday | - | - |

難題! 学校選び ついに入園決定!その1
08:17
  
 いろいろと難航していた娘の幼稚園がついに決まりました!

 4月からお隣の州の、日本人学校全日制に娘は通います


 えっ?何で隣の州かって?今住んでいるマンハッタンの学校じゃないの?

 と思われた方もいるでしょう、、、。ええ。。。当初はマンハッタンの学校に通うつもりでした。。受験もしました。合格もしました。


 でも断りました!!(怒)


 なぜか?

   
 この話題を話し出すと長ーくなりそうなので、この学校選びに関しては、何回かに分けて更新したいと思っています。

 

 さて、私たち夫婦は日本にいる時から、娘には日本人学校に通わせる事に決めていました。

 アメリカにいるのは2〜3年の予定ですし、娘に英語を話せるようにはなって欲しいけれど、日本に帰ってきてから日本語も中途半端、英語も中途半端になっても本人が辛いだろう。やっぱりまずは母国語をしっかり話せるようになってからだね、英語は別に話せなくてもいいね。とお互いに意見が一致。

 また、いろいろな海外生活セミナーに出席して、お話を聞いたところ

 ○2〜3年赴任で未就学児→日本人学校。
 ○5年以上未就学児→現地校。
 ○また中学、高校のお子さんがいる家庭は現地校
 
 がよいと言っていました。それが正解というわけではありませんが。

 娘の性格はとにかく慎重、かつ恐がり。インドア派。なのでいきなり日本語の通じない学校に入れるのも大きなストレスを与えかねない為、迷わず日本人学校に決めました。


 さて、どこに入れるか?
 マンハッタン内に日本人学校は一つしかありません。

 はい!ここに決定!悩むこともありません


 NYに来て10月に学校見学、そして面接の試験を受けました。
 面接の試験と言っても、親と試験官らしい人が簡単な質問のやり取りをして、その間子供はもう一人の先生と一緒に遊んでいるというだけのもの。まあ、子供の様子を見ているのでしょうけど。
 私もかなーり緊張しました。前日にお子さんをそこに通わせていた、夫の上司の奥様にメールして質問内容の下調べもしましたし、メトロで通う確認を何度もしました。私、かなり方向音痴なので。

 結果は2〜3日でと書類には書いてありましたが、面接が終わってその場で「合格」と言われ、その日は一日中興奮していました。

 

 が、翌日届いた請求金額がなぜか当初に聞いていた金額より1500ドル高く計算されてました。
 
 はい?1500ドル高いんですけど、、、!!我が目を疑ってすぐに学校に電話。

 いつも電話で話していた事務の人に聞いた所、

 事務の人「そうですか?事前に見積もりしていたんですか?でもこれが正しい請求書ですのでこれでご検討ください。」

 私「(えっ?この人に見積もりしてもらったんだけど。別人?)はあ〜そうですか。では主人と相談します」

 なんて、私も間抜けな答え方をしてしまい(笑)、後で夫に話したら「何でもっと怒らないんだ?おまえはアメリカに来てから気弱になっている(ん?私日本では強気だった?)。もう一度納得するように説明くださいと言いなさい!」

 と一喝されたので、また翌日電話して、とりあえず学校長とその事務の人と私で会って説明を受ける事に。いきなり私にとってすごい冒険ですよ。

 娘を連れてまたもや学校に行きました。メトロに乗って。

 結局説明を受けたのは途中入園だったため、月割りだけでなく割高になるとのこと。計算間違いだった事を平謝りされました。

 家に帰って夫と話し合って、「まあ、必要経費なら仕方のない」と妥協し、手配の上入園することにしました。


 が、、、またそれから2日後学校の事務の方から電話が!



 事務の人「あの〜。実はですね。昨日三歳からの入園者のリストを出したんですけど、娘さんは三歳からウェイティングに入る事がわかりまして、、、、」

 私「は??ウェイティング??では娘は三歳になったら学校を追い出される訳ですか??」

 事務の人「いえ、急に日本に帰られたりする方もいらっしゃるので、順番待ちなのですが、進級できないと決まったわけでもなく、、、もごもごもご。」

 私「それで、去年はウェイティングから何人進級できたのですか?

 事務の人「、、、、去年は0人です。」

 私「(怒り無言)この間直接お話したばかりでまたこんな問題ですか?!(なんやかんや怒りの言葉)、、夫と相談します」

 夫も大激怒だったと事は言う間でもまでもありません。夫は直ぐに電話して「入園しない」と即答。

 そんなこんなで、娘の学校入園は一からやり直しになりました。。。。




 まだまだ本当は長ーいやりとりと、その後の処理で時間と労力を費やしたことも話したいところですが、ひとまずここまでに。

 他の年次より割高な入園料を払ってやっとのことで入園した後で、次の進級の時は人数が多いから進級できませんと学校から追い出される、、、これって教育者としてありですか?だったら最初から次の枠内で応募して欲しい。それも申請する前にきちんとした説明もほしいですよね〜。
 せっかくお友達や先生と慣れた後に皆とバイバイすることになるなんて、子供になんて説明したらよいのでしょう?

 このシステムと考え方は国によって違うのでしょうか?

 こちらに来てから、何を言われ、何が起こってもその後夫婦共あまり気にしないようになりました。思ってもみないことが次から次へ起こるのですもの。

 だってここは日本とは違うんだものねえ〜。と。

 

 その2へ続く。(更新遅かったらごめんなさい)


 

 

 

 

 

 
 
 

 
 


 

| 2011.02.19 Saturday | トラブル | comments(2) |

スポンサーサイト

| 2014.09.18 Thursday | - | - |
Comment
わぁ〜〜、NYでだんな様の怒り爆発ですね〜!
ナミさんは怒ってもかわいいイメージ(笑)
そりゃその学校が悪いですよ〜そんなスクールこっちから願い下げですね!
でも、お隣の州じゃ通うのたいへんなのでしょうか。
去年NYに遊びに行った時は、JFKでなくお隣の州の空港を使いました〜。
隣の州のほうが、物価が少し安いから、ガソリンとか、食料とか買出しに来ると友達が言ってましたよ☆
From.tsuka 2011/02/23 7:16 PM
おお〜TSUKAちゃん!いつもコメントありがとう!
NJまで今住んでいるマンションの前までスクールバスで迎えにきてくれるから、それに娘は乗って通う予定。結構バスが揺れるけど、大丈夫かしら?と私も心配。多分かなり心細い思いをさせちゃうかも。
でも皆がやっていることだから、娘には乗り越えていって欲しいな。。
車はマンハッタンに住んでいると必要なくて。と言うか、車を持っても運転する勇気はないので、免許も取らないつもり(笑)TSUKAちゃんなら免許取って、バリバリ運転しそうだわ。
From.nami 2011/02/24 1:44 PM