Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>






qrcode





Himemamaの初代綺麗ママがNYから子育て日記を発信します!
<< リニューアル♪ | main | 初 ピアノ発表会♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2014.09.18 Thursday | - | - |

子供の進学について
05:17
海外に住んでいて悩むことの一つ。

それは子供の教育について。

娘は2歳半の時にアメリカに引っ越してきました。

日本で事前に調査したときは、「赴任期間が2.3年かつ子供の年齢が低いときは日本人学校がいい」

とどのセミナーでも言われていたので、

恐らく赴任期間が2、3年であろうと迷わず日本人学校に娘を入れました。

実際日本語もままならない2歳の子供の時には、まずは母国語をしっかり覚えさせ、

自分の考えを言葉で表現できるようにさせ、

論理的に物事を考えさせたり、話すことに結びつく利点がある。

また、両親と母国語で生活する中で

精神的にも、心理的にも安定した生活の中で子供がのびのびと生活することができる。

など利点を考えて、娘の性格も見て夫と判断しました。(娘は恐がりでいつも私の側から離れず、泣いてばかりでした)


けれど日本人で、娘と同じ年代の子で、現地校に通っている子は2年も経つと英語が見違えるように上達し、

現地の子達と何も臆することなく一緒に遊んでいる子をよく見ます。

もちろん、日頃家の中では日本語で話していることもあり、

日本語だってきちんと話せていますし、

平日は現地校、土曜日は日本語の補習校、そして習い事と

とにかくご両親もしっかり教育されているので、

いつ日本に帰国となっても、周りの子たちについて行ける状態にしています。

何と言ってもご両親のご苦労&努力があってこそ、そこまでなっているのだと思います。

娘も最初から現地校に入れていたら、今ごろ英語ができていたのだろうか・・・・?

(丸3年住んでいますが、娘はほとんど英語が話せません)

今アメリカに住んでいるという良い環境の中にいるのに、

私の努力がなかったばかりに、子供にとって英語を身に付くチャンスを与えていないのだろうか・・?

なんて悩みもあります。

けれど、今通っている学校は環境も先生方も素晴らしく、

娘は3年前とは見違えるほど、元気に明るく、のびのびと、様々なお友達と仲良く遊べるようになり、

何でもチャレンジする積極的な子になりました。

これは成長過程なのかもしれませんが、今の環境は娘にとって決して悪いものではないと思っています。

とは言っても、やはり親のエゴとしては英語が多少はわかるようになって欲しいという思いもありまして・・・・。

そのため夏休みにはサマーキャンプで現地の子と一緒に過ごさせたり、という機会は作ってきました。


そして去年の9月から、娘はアメリカでいうと小学校に入る前のキンダーガーデン(義務教育)に当たる年になりました。

住んでいるアパートから歩いて5分のところに現地校があります。

それもその学校はかなり評価が高く(10個の☆評価中10です)、

ESLもかなり良い、英語の出来ない子への補助もしっかりしているようです。

公立ですからね、授業料だって無料になるのも大きな魅力です。

ちなみに今通っている日本人学校は、日本の私立大学の授業料の1、5倍〜2倍の授業料がかかります。

今までのプリキンダー(幼稚園)の年齢だと、どの幼稚園に入れてもそれくらい、

いえ、それ以上の金額がどこもかかりますから、この費用は仕方のないことでした。

キンダーガーデンになると義務教育で無料で見て頂けるなんて!(寄付金はありますけどね)

それも、今しか通えないアメリカの学校で、様々な人達の中で、英語だけの生活というチャレンジができる。

とにかく明るく元気、なんでも前向きになっている今の娘を見ると、

現地校は次のステップに上がるにはいいチャンスかもしれない。

そして現地校に通わせている一人のお母さんからは

「ただで英会話を習わせられるなんて、いいいじゃない!と思えば良いのよ。それに現地校は楽しいわよ。日本の学校は先生の言

ったことにみな習えという感じだけど、現地校は自由だからね。でもそのかわり自分の頭で考えて行動しなきゃいけないけど」

と言われ、(うーん。確かに。。自分の頭で考えて行動するか。身につけて欲しいことかも。)

と、去年の夏まではほぼ現地校に入れようと思っていました。

現地校に入れるべく、私も現地校に通わせているお母さん達から一長一短のお話を聞き、

入る予定の近所の学校へも4月からの編入が可能かをメールで問い合わせ、

2席空いているので4月からでもOKだと、先方とも連絡が取れ、

では3月の卒園式が終わってから、現地のキンダーガーデンに行こうか

という気持ちが高ぶっていました。

ちなみに9月からキンダーでしたが、入園式からずっといる今の幼稚園で卒業という経験をさせてあげたかったので、

4月からの編入で考えました。



ほぼ現地校に行かせようと思っていましたが、

9月に今通っている日本人学校の小学部のオープンハウスで授業の様子を見に行ってみると、

あまりに授業がしっかりしていることに驚きました。

1年生から6年生までの英語での発表会があり、まだ1年生の2学期だというのに、みんなの前に立って、英語でスピーチしているんです!!

小学生になると毎日1時間英語の授業があり、また金曜日は丸一日英語の日となります。

英語の時間を多く取るため、普通科目の時間数が足りなくなる分、宿題もかなりしっかり出されるらしいです。

それでも朝9時から始まり、3時30分まで授業がありますから、

1年生でも毎日5、6時間の勉強量です。

そして現地校にはない四季折々の日本文化に合わせてのイベント(運動会や学園祭など)と、

アメリカならでのイベントも楽しみ(ハロウィン、クリスマスなど)、学校生活を満喫でき、

廊下に張り出されている児童たちの字の上手さ、礼儀正しさをみても、

丁寧な教育を受けていることが感じられます。

何よりも、みんな生き生きとしています!

今の学校の素晴らしさは通っている娘の成長を見て、十分わかっていましたから、

それからはとてもとても悩みましたね。

子供の気持ちを聞くと、やはり今の日本人学校がいい!と言っていましたが、

途中は私が現地校に入れたくなったので、娘を現地校に連れて校庭で遊ばせたり、

楽しい所だと若干思わせるようにしむけていたので、

途中からは娘も「どちらでもいいよ」

と私の気持ちもわかってかそう答えるようになっていました。


そうこう悩んで、もうどちらか決めなければならない去年の11月、現地校に通わせている他のママさんからこんなことを聞きました。

「4月から入って、2ヶ月もしたら現地校では夏休みに入ってしまう。せっかく慣れてきてもその後3ヶ月の夏休み、

また、9月からは1st grade (一年生)への進級でクラスも先生も変わるんです。子供も親も環境に慣れるまで落ち着かないかも。

英語は今ここで生活している中だけでも耳が慣れて十分メリットがあると思う。

だとしたら今アメリカ生活が楽しいと記憶に残って、大きくなってまた自分の意思で英語を勉強してまた来たいと思う方が

良いと思うな」

と。

確かに主人の赴任はもしかしたら今年の9月で終わるかもしれない。(延びるかもしれませんが)

だとしたら、それこそまた日本への引っ越しで学校もお友達も変わってしまう。

そんな心の負担を受けてもなお、現地校に入れる方がいいか、否か。。。。


本当に何ヶ月にも渡って娘の進学について悩んでいましたし、何人かのお母さん達から様々な意見を聞き、

情報も集めてきました。

他にもいろいろと考えて考えて、、、、

そして、とうとう今の日本人学校小学部へ娘を進学させることにしました!!

これで決定です!

それを娘に伝えるとそれはそれは大喜び♪

仲の良いお友達達、慣れた先生方と一緒に学校で引き続き過ごせるのが嬉しいらしいです。

娘の笑顔を見ると、やっぱりこれで良かったかなと思います。

それからは急いでランドセルやら、筆箱、鉛筆など小学校に上がる準備です!

いくつも注文する中で娘は

「でも、試験に合格しないと無駄遣いになっちゃうね〜」

と一言。

そうなんです!今の幼児部から小学部へ上がる為には試験があって、合格しないと上がれないそうです。

こんなに悩んで決めたのに、娘が合格しなかったらどうするかね〜。

と夫と苦笑。


そして1月に入って試験があり、無事に合格しましたよ!

(これも思った以上にちゃんとした試験でした。筆記試験あり、運動試験あり、子供と先生のみの面接あり。と驚きましたよ。。)

良かったねと、家族でほっと安堵。


すべて解決してからのブログ報告となりました。


さあ、これからは娘の人生の節目の一つ卒園、小学部入学と続きます!

娘よ元気に楽しく、そしてしっかりお勉強するのだぞー!!(授業料高いんだからね!)

心から応援する父&母なのでした・・・









































 

| 2014.01.25 Saturday | 転機 | comments(4) |

スポンサーサイト

| 2014.09.18 Thursday | - | - |
Comment
合格おめでとうございます!
昨年から随分悩んでいたんだね。親子で納得のいく進路が見つかって本当に良かったね!楽しみが大きい進路になって安心だね!!
とにかく赴任期間が読めないってのは本当に困る!
ハッキリしないものなんだろうけど、そのことが子供の進路に大きく影響する年齢なだけに本当に頭が痛いよね。
こちらは結局転勤の有無にかかわらず母子でマンションに戻る決断にしたけど、これも随分悩んだよ!
私の周りも転勤族だらけなので色々な方にリサーチ入れたよ〜。
4月までに異動になることを祈るばかりです・・・。
From.hiromi 2014/01/30 2:33 PM
hiromiさんへ

どうもありがとう!3歳からずっと通っている学校なのに、ここで試験に落ちたらショックだよね〜。集団行動ができるかを見るテストで、そんなに構えずにお母さん達はいつもと変わらずに子供達を見送ってくださいと言われていたから、そんなに落ちることもないテストなのかなと他のお母さん達とも話していたら、
テストを受けて戻ってきた娘からは、なんだかんだとちょっとしたお受験っぽいテスト受けてきたらしくて、ビビったよ〜。落ちた子も過去にいるらしく・・・。とりあえず、進路が決まったから良かったわ。って、まだ小学校なのに!これからもっと真剣な子供の進路に、気を使うんだろうね〜。
夫からも私と娘で日本に帰るという手もあるよと言われたけど、いつまでアメリカにいるかわからない状態だからねー。先日、夫の上司の奥様に「長いかもねー」と言われて、またさらに帰国がわからなくなってきたよ・・・
hiromiさんのご主人4月までに東京の移動になるといいねー。引っ越しも大変だしね・・・
From.nami 2014/01/30 10:52 PM
Rちゃんの進路、無事に決まって良かったね!
いろいろ悩んで決めた進路だから、きっと一番良いよ。
家族は一緒にいたほうが良いしね。
帰国日程のハッキリしないなか、悩むことも多いと思うけど、楽しみながら頑張ってね〜
From.ふくまゆ 2014/02/01 6:29 PM
ふくまゆさんへ

本当、現地校に入れようと!私も決心して?!期間限定と思えば私もがんばれるかなと思ったのだけど、現地校はまだ9月までは幼稚園の扱いだから、日本の学校みたいに席に着いてお勉強すると言う感じではないし(宿題もなし)、小学校からは国語の中で漢字も教えられるから日本に帰ってきた時に大分遅れるかなと。それにみんなの前に立って英語でのスピーチの話は現地校のお母さんにも話したら驚いていてね。手厚い教育をしてくれているみたいだし、顔を知っている先生方に預けるのも安心かなと。確かに楽しみながらする余裕なかったかも(苦笑)自分のことだったらどうでも良いんだけどね〜
From.nami 2014/02/02 12:04 AM