Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>






qrcode





Himemamaの初代綺麗ママがNYから子育て日記を発信します!
<< 歯の生え変わりの悩み | main | ホイットニー美術館 〜ビエンナーレ2014〜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2014.09.18 Thursday | - | - |

小学校生活
04:07
暖かい日が続いてきて、春が来たと思って大喜びで衣替えをしたら

翌日、急に雪が降ったり↓(2週間前)



↑ チューリップかな?お花も何だか可哀相・・・



↑NYではサクラに似た白いお花があちこちにあります。

昨日はとても暖かくて春日だったのに、

今日は雨。そして気温も10度くらい。。。。

娘の朝の送りにまたもやダウンを出したりして、

全く一定しない気温とお天気に、毎日やる事も急遽変えている毎日です。



さて、娘の小学校生活が約1ヶ月が過ぎようとしています。

前にも話した通り、幼稚園の時から変わらない校舎、お友達に囲まれているので、

見た感じ娘はそれほど戸惑っているようには見えません。

元気に楽しそうに学校に毎日行っています♪

ただ一つ、やはり小学生になって変わった事はと言えば・・・・

1日ずっとお勉強をしに行くということ。

宿題もかなり出るよーと噂では聞いていましたが、

なるほど。こりゃ親も大変だ、なんていう量と勉強の難しさ(←え?小学1年生のレベルなのに?と思った方も多いでしょう)

娘も学校から帰ってきたら、今までのように好きに遊ぶ事が出来ず、

若干フラストレーションが溜まっている様子です。


ちなみに我が娘のランドセルに選んだのはこちら↓



↑ 土屋鞄のランドセル! 

当初は山本鞄をと思っていましたが、現地校に進むならばランドセルは日本に帰ってからでいいかと

迷っているうちに、去年の10月初めですでにSOLD OUT(売り切れ)してました・・・

(これから購入予定の方、毎年ランドセルの売り出しが早まっているようなので、お気をつけ下さい。

大体6月頃から始まっているようです。9月で人気なものは売り切れですよー!!)

と言うことで、職人さんが手作りで心を込めて作ってくれていると定評のある土屋鞄店がとっても素敵!

でしたので、ランドセルの革の色と内側の色を選べるものだったので、

娘に選ばせ、外側は茶色、ステッチと内側はピンクということになりました。

10月初めの注文で、ギリギリセーフでした。

でも、出来上がりの本当に綺麗な事!(2月中旬の出来上がり)

両親からのプレゼントで(しかも日本からアメリカまで送ってもらって)もらったのですが、

本当に素敵なランドセルでした。

娘も一つ一つ丁寧に作ってくださった職人さん達の気持ちや、おじいちゃん、おばあちゃんのお祝いの気持ちを感じたのもあり、

とっても気に入って使っています♪

本当にありがとうございました!!


そして、娘の学校は毎日1時間英語の時間があり、金曜日は一日英語の日なので、

日本で指定された授業数をカバーすべく、かなりビッチリと時間割が練られています。



↑ お気づきでしょうか?何と、入学式があった翌々日から7限という時間割!



↑教科書、ドリル、プリントもたくさん!

ちなみに俳句、短歌の時間もあります。(しぶい!)



毎日学校にもって行く教科書類の量はこれくらい。

これ、背負うと相当重いです。

毎日お弁当と水筒も持って行きますから、荷物が多いのです。。。

でも、スクールバスだから乗ってしまえば大丈夫かと。

毎日国語の音読、他に1つ 字を書くもの、英語が1〜2個、算数プリント1枚程度くらいが宿題で出ているようですが、

金曜日の一日英語の日があると、その日は来週までの宿題として6、7個の英語の宿題、

書写の時間はひらがなを書く宿題

なども日によって出てくるので、娘が学校から帰るとまずはおやつを食べ、

その後に夕食の時間までほぼ宿題です。

他にベネッセの通信をやっているのでその勉強を算数、国語を毎日1枚ずつ、

そしてピアノの練習もある日があります。(本当は毎日やらせたいのですが、どうしても気分が乗らないときもありやらない日もあり)

国語や算数は、まだまだ親からしたら易しいものですが、

英語が・・・・もはや私はギリギリです(苦笑)

英語の詩の暗唱や、生物のことについて書かれた英語のプリント(これは絶対に親が訳さないとわからないレベル)、

英語のクイズやら、環境のことなど、

一度親が目を通して、それについて考えさせたり解かせたりするので、ほぼ付きっきり。

毎日付きっきりで見て、急いで夕飯の支度をします。

おまけに先日英語科の懇談会と個人面談があったのですが、

娘のクラスは外人の先生(日本人の先生もいます)。

通訳ありで希望を出しましたが、何と、誰もいらっしゃらず・・・・

ずっと英語で席は隣同士での個人面談。。。。いやー辛かった。

現地校に行ったら当たり前なんですけどね。

本当、毎日親が良い勉強になります。


これだけの事を聞くと、娘は勉強やらせ過ぎか?なんて思うときもあるのですが、

現地校に行っている子は月ー金で学校、土曜日は日本人学校での補習校、

他にも公文を習っていたり、他にスポーツを習っていたりと、

普通にみなさんこなされているんですよね。

すごいなーと本当に感心します。

娘にそんな話をすると

「娘が一番大変で、頑張っている!」と鼻の穴を膨らませて言い返してきますけどね(笑)

本当、よく頑張っているよー娘。

自分の小学生だった頃を思うと、みんなどの子もよく頑張ってるわー。

なんて、街中のどの子供も偉く感じてしまうこの頃でした。。。。










 

| 2014.04.30 Wednesday | 学園生活 | comments(2) |

スポンサーサイト

| 2014.09.18 Thursday | - | - |
Comment
うぎゃーーー!!!ってくらいハードだね。びっくりだよ〜!そしてnamiちゃん大変そうで・・・。私・・・無理だわ・・・。
でも、教材がムスメと一緒だわ〜!
でも、ここで頑張ればきっと帰国してから超楽かもよ!?夫の会社の人の話だけど、その人の子供は現地校に3年通って英語ぺらぺらのバイリンガルになって帰国したけど、帰国後1か月ほどでほぼしゃべれなくなっちゃったって。どんだけ話せても、帰国して回りが日本語だけしゃべってれば戻っちゃうんだね・・・と夫と話してたよ。夫も下北4年弱でだいぶ英語力が落ちたと嘆いてるし。(レベル違うけど)
私は今回の記事読んで、英語もちゃんと勉強できるし、何より帰国後の勉強遅れが気にならないくらいしっかり指導してくれてるなんて、Rちゃん、日本人学校で良かったよー!と思ってしまったのですが・・・。
まあ、大変ではあるけれど。ふぁいと!!!
From.hiromi 2014/05/02 12:18 PM
hiromiさんへ

一つ一つは10分くらいで終わる内容なんだけど、何せ本人のやる気によってね〜。時間がかかってイライラする事も多いんだよね。教科書一緒なんだね!良かった。帰国してからも使えるのかな?
現地校と迷った時に、今の学校のオープンハウスで小学生達の授業を見た時に、すごくしっかり勉強してるな、それも2学期始めに1年生が英語でみんなの前でスピーチもあって、すごく驚いたから、お金はめちゃめちゃ高いけど(汗)やっぱりこのまま進級させようと思ってね。でも、9月帰国が濃厚なので、1学期だけで日本に帰るかもしれないんだけどね。結局英語は話せないで帰るでしょうね・・・まあ、後は本人が大きくなってやる気が出たら自分で勉強するかなと。
From.nami 2014/05/03 11:25 PM